助動詞シリーズ:第三回(古文第六回)

<この記事の内容>:前々回の「古典文法:助動詞の覚え方・学び方」の続編として、

『未然形接続』タイプの助動詞の意味・活用などを紹介します。

(前回の:「”連用形”接続のグループまとめはこちらから」)

未然形グループ

前回同様、接続によって分けていきます。

今回は『動詞の未然形』+『助動詞』の組み合わせとなる「未然形グループ」を扱います。

このグループには、4つの意味がある『る・らる』や、5つ!も意味がある『む・むず』といった助動詞を含みます。

識別をするのが初めは大変な場合もありますが、この記事でうまくインプットして、演習問題等に取り組むことで、必ず攻略可能です。

”未然”の振り返り

未(いまだにおきていない)然(状態)のことを意味します。

未然形グループ其の一

未然形グループの中でも(1)では、意味が同じ(ら/らる)と、(す/さす/しむ)の2つのカタマリに分けて解説します。

またこのグループ其の一は『活用がすべて【下二段】のタイプ』であるので、まとめて覚えてしまいましょう!

未然形接続(助動詞活用表1)

『受身/可能/尊敬/自発』の「る・らる」

いきなり4つも意味を持つ助動詞が出てきましたが、一つずつ見ていきます。

『る』と『らる』の意味

・「受身」:〇〇される

受身、英語で言う受動態と似ています。

・「可能」:〇〇できる

・「尊敬」:〇〇なさる

・「自発」:自然と〇〇になる

先述しましたが、実際に文を読み進める時には、これらの4つのうちどの”意味”で使われているのかを『識別』する必要があります。

識別には一種のコツが存在します。

例えば『打消とともに現れると【可能】』、『身分の高い人の動作についていれば【尊敬】』など・・・完全ではありませんが、大抵はこういった方法で乗り切れます。

(助動詞編の最後の回に”識別編”を設けて、コツを一気にまとめます。今は『意味』+『活用』を覚えるようにしておいて下さい。)

『る・らる』の活用

先ほど書いた通り、ともに下二段活用で『らる』は『る』の頭に「ら」をつければ良いので、『ラ行の下二段』であることだけ覚えておきましょう。

『尊敬/使役』の「す・さす・しむ」

意味はいずれも2つだけなので、この3つも一気に覚えてしまいましょう。

『す』『さす』『しむ』の意味

・尊敬:〇〇なさる

先ほども出てきました。

・使役:〇〇させる

”使役”は言葉が少し難しいかもしれませんが、英語でも”使役動詞”を習っているはずです。(make,have,get,etc,,,)

『す・さす・しむ』の活用

3回目になるのでもう大丈夫だと思いますが、『全て下二段』です。

また、”さす”は”す”の活用に”さ”を加えたもの(=らる・るの関係と同じ)なので、覚えることは「サ行下二段」であることと、『しむの活用』だけです。

未然形グループ(其の二)

グループ2では、これまでのシリーズで出てこなかった『意味』や『活用のタイプ』を持つものを中心に紹介します。

未然形接続:助動詞2

『打ち消し』の「ず」

まずは『打ち消し』の意味を持つ『ず』。

『ず』の意味

・打消:〇〇でない

『ず』の活用

この活用表をみると、2種類にわかれているので『形容詞の活用パターンを使えないか?』と思う方もいるかもしれないのですが、残念ながら形容詞タイプとは全く別に覚えないといけません。

(注):助動詞が先ほどの表のように、2つに割れているとき右側を『本活用』、左側を『補助活用』といい、助動詞が後に助動詞をとる場合には、『補助活用』を用います。

『推量/ためらいの意志/反実仮想』の「まし」

「まし」は意味に注意!

『まし』の意味

・推量:〇〇だろう

・ためらいの意志:〇〇しようかな

(〇〇しよう!という『意志』 +ためらい)

・反実仮想:もし××だったら〇〇だったろうに

(反実仮想は英語の『仮定法』の訳に似ていますね。)

『まし』の活用

これも他に当てはまるタイプがありません。

『しか/●/し/し/しか/●』と唱えて覚えましょう。

『(打消)推量と(〃)意志』の「じ」

推量・意志を打ち消す『じ』を見ていきます。

『じ』の意味

・打消推量:〇〇では無いだろう

・打消意志:〇〇するつもりは無い

『じ』の活用

このグループ2最後の『じ』も、これまで同様に少々変わっていますが、

・「●/●/じ/じ/じ/●」

と”終止”・”連体”・”已然形”のみ存在し、全て『じ』であることから、比較的覚えやすいはずです。

未然形グループ其の三

活用が少し特殊(ですが、『用言の知識が使えます!』)な『まほし』と、

意味が5つある

・『む』

・『むず』を扱います。

 

未然形接続(助動詞活用表3)

『希望』の「まほし」

『まほし』は意味は一つだけでなので、ややこしいく感じるのは活用の方です。

この活用は一見難しそうですが、前回までの記事を読んでいる人なら、すぐに”あるタイプ”であることに気付くはずです。

『まほし』の意味

・希望:〇〇したい

の一つだけです。

『まほし』の活用

この2つに活用が分かれている表は、久々の”形容詞(のうちの『シク活用』)タイプ”です。

忘れてしまった・覚えていない人は→「形容詞・形容動詞の活用を解説」へ

先ほどの『ず』でも書きましたが、『(まほし)』  +『助動詞』の場合には表の左に記載している、補助活用を用いることになっています。

『推量/意志/仮定/勧誘/婉曲』の「む・むず」

最後は5つの意味を持つ『む、むず』。

意味の多さだけでなく、「む」と「むず」で活用の種類も違うので、今回の中では一番覚えるのが大変かもしれませんが、これで『未然グループは終了』なのでもうひと頑張りです。

『む』と『むず』の意味

・推量:〇〇だろう

・意志:〇〇しよう

・仮定:〇〇ならば

・勧誘:(〇〇するの)がよい

・婉曲:(〇〇の)様な

『勧誘』・『婉曲』あたりは訳が少々難しいでしょうか?

(参考):この5種類を覚えるための有名なゴロに、『す・い・か・か・え』=『推量(す)・意志(い)・仮定(か)・勧誘(か)・婉曲(え)』=『スイカ買え』というものがあります。

しかし、ゴロは自分で考え出したものの方が覚えやすい(+ゴロを考える時には、その意味や文字をしっかり見ているので、単に暗記するよりも定着しやすいです)ので、ぜひ自作にも挑戦してみて下さい。

『む』と『むず』の活用

む・むずはそれぞれ

・『む:四段活用』

・『むず:サ行変格活用』のタイプで活用し、

ともに:未然・連用・命令形の3つは存在しません。

(ex,”む”の場合:●/●/む/む/め/● )

まとめと続編へ

今回は初めて出てくる意味や活用を持つものが多く、少し大変だったかもしれません。なんども復習しておきましょう。

助動詞シリーズも折り返し地点まで来ているので、これまでの内容を振り返りつつ完全に覚えていきましょう。

関連記事一覧

〜古典文法シリーズ〜

第一回:「古典文法を0から解説!10品詞の意味

第二回:「動詞の活用と覚え方のコツ

第三回:「形容詞・形容動詞の意味と活用、覚え方を紹介

>>助動詞攻略編<<

第四回:「助動詞の勉強法/覚え方のコツ(総論)

第五回:「連用形に接続するグループのまとめ

>第六回:「(今ここです)」

>>第七回:「終止形接続のグループまとめ

 

 

今回も最後までご覧いただき、ほんとうに有難うございました。

「スマナビング!」では、読者の皆さんのご意見・ご感想の募集を行なっています。ぜひコメント欄にお寄せください。

お役に立ちましたら、B!やシェア、フォローなどをしていただけると、とても励みになります。

・その他のお問い合わせ/ご依頼に付きましては、記事上部にある【運営元】ページからご連絡下さい。

Twitterでフォローしよう