イオン結合/共有結合/金属結合は同じ物だった!?電気陰性度が教える正体

 

化学結合の正体

〜電気陰性度で考える〜

 

この記事では、化学結合の中でも分子内結合である金属結合、イオン結合と共有結合の違いと共通点について解説します。

金属結合、共有結合とイオン結合の違い

実は結合には大きく分けて2つ有り、

原子と原子が結合する分子内結合と分子と分子が結合する分子間結合(水素結合等)があります

今日学習するのは分子内結合で、一般に学校では金属結合、イオン結合、共有結合の3つが主に教えられます。

そして以下の様な説明がされると思います

これら3つの結合の違いは、媒介する物が

金属結合:自由電子

共有結合:電子対の共有

イオン結合:クーロン力

という違いがあり、性質は金属結合が・・・

 

今回は、この様な一般的な説明ではなく少し違った角度から化学結合を解説したいと思います。

結論から言います。この3つの化学結合は同一と見なせます。(少なくとも高校化学のレベルでは)結果的に学校で教えられた様な状態になるだけです。

そしてその理由は電気陰性度が教えてくれるのです。

*注*もし前回の記事を読んでいない人は一旦電気陰性度は高校化学の最重要事項ですに目を通しておいて下さい。

電気陰性度free
電気陰性度と電子親和力,イオン化エネルギーの違いを答えられますか?
2018.3.19
この記事を読んでくださっているあなたは電気陰性度と電子親和力、イオン化エネルギーの違いや無機や有機の膨大な記憶量に悩んでいませんか? このサイトを読み進めると化学基礎で曖昧にされている”電気陰性度”...

 

周期表ー電気陰性度

電気陰性度free

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像の様に周期表の右上へ行けば行くほど電気陰性度は大きくなります。
当然原子の種類の数だけ電気陰性度の数値は異なります。

 

電気陰性度の模式図1

 

 

 

 

 

<図2>

<図2>の様に、その差が共有電子対を引っ張るのです。

 

電気陰性度の模式図

 

 

 

 

 

<図3>

結果、<図3>の通り一方に電子が寄って行きその原子はδマイナスの電荷を帯びます。

図では電気陰性度の差が小さい原子同士を表しています

が、
仮に周期表の左下の方のフランシウムFr君とフッ素F君を近づけるとどうなるでしょう。

周期表の図を見て下さい。この二つの原子君の電気陰性度の差は極めて大きいです。
するとフッ素君が共有電子対を物凄い強さで引っ張ります。遂には電子を奪う様になります。

すると共有電子を奪われたFr君は電子が一個減りFr +に、フッ素君は電子を得てF -になります。

そしてプラスとマイナスは引き合い、、、結合します。コレがイオン結合の正体です。

 

今度は電気陰性度が小さい原子同士の結合を考えて見ましょう。

電気陰性度は共有電子対を引っ張る強さでした。言わば電子大好き度です!

コレが小さいという事は余り電子は欲しくない、むしろ嫌いなのです。

そんな原子同士ではお互いに共有電子など要らないので押し付け合います。

電子嫌い原子君たちが集まって電子はあっちへこっちへいく先々で嫌われる羽目に合います。仕方がないので電子はうろつき回ります。これこそ自由電子の正体です!そしてこの自由電子がうごく事によって、導電性を持ちます。

という事はこれがいわゆる金属結合です!

 

結局のところ全て共有結合であり、金属結合やイオン結合は構成する原子の電気陰性度の数値の差でしかなかったのです。

まとめ

イオン結合 構成する原子の電気陰性度が
大きいもの+小さいもの
値の差が大きい!

共有結合 構成する原子の電気陰性度が
普通の原子+普通の原子
普通=中くらいの数値

金属結合 構成する原子の電気陰性度が
小さい原子+小さい原子

 

如何でしたか?

いかに電気陰性度が重要か少しはわかって頂けたのではないでしょうか。

これからどんどん電気陰性度をkeyに化学を解説していきます。

電気陰性度を使って、有機化学反応を解説している記事を追加しました。以下よりご覧ください!

ベンゼン環1
炭素間結合の種類は何種類?有機化学のキホンとベンゼン環の正体!
2018.3.6
今回は有機化学の根幹である炭素と炭素の結合について詳しく説明していきます。 今日の内容は一部の進学校と、上位レベルの予備校/クラスでしか扱われていません。 しかし、難しい内容ではない上、理屈で有機反...
求核反応/求電子反応/ラジカル反応
学校で教えてくれない!有機化学反応は3種類しか無いという事実
2018.5.10
今回は、ベンゼン環の正体(リンク)の記事の続きです。もしまだ読んでいなければ是非読んでみて下さい。特にσ結合とπ結合は理解して下さい。 始めにこの記事の終わりまでキッチリ読んでもらえると、下3つが手...
天然高分子化合物(2):検出反応とその仕組み
2018.6.28
天然高分子化合物の検出反応とその仕組みをまとめて解説しました。...

 

お役に立ちましたら、シェアお願いします!又、ほぼ記事作成のお知らせと

受験で使えるtweetをしていますので、公式ツイッター(リンク)のフォローも出来ればお願いします!

おすすめの記事